フランスでも私は私 🇫🇷🐹🇯🇵

北フランス生活10年目!メイク、ファッション、旅行大好き🧡

【住】コロナ禍で自分の心地よい場所探し🤔🏡

こんばんは、プチスリです🐭✨水曜日の北フランスはマイナス1度まで気温が下がり本当に寒い一日でした。寒い中散歩に出かけたせいかなんだか風邪気味、、というよりも最近あまり体調も良くないんですよね、手足が冷たくてとにかく体が寒い!一度暖かくなったと思ったら急激に気温が下がったからかもしれません🤧25度まで気温が上がった日の数日後がマイナス1度ですからね、、

f:id:petitesouris:20210409055259j:imageやっと欲しかったけどケチってなかなか買えなかった文庫『モンテクリスト伯』をまずは半分の3冊購入!アレクサンドル・デュマの『三銃士』は昔、3人が出会うまでに毎度読むたびに眠くなり

断念、息子の作品『椿姫』は短めだったので一気に読めたんですけど、、。モンテクリスト伯も最初の方が苦しい(⁈)との噂なのでそこをクリアしてドキドキの話にたどりつきたいと思います📚

 

都会から田舎へ

 

コロナ禍が長引くにつれて、パリやリヨンなどの大都市に住む人が街を離れて静かな田舎へ引っ越すことが増えているそうです。スペインのマドリッドに住む家族も田舎に引っ越したというニュースもみたので(その村の小学生が倍の人数に増えたとか!)フランスだけでなく近隣国もその傾向にあるようです。日本はどうなのでしょうか?その傾向の結果、村の不動産物件が値上がりしたり、街が活気づいたり子供が増えたりで喜んでいました。小さな街はみんなが知り合いで、以前は疎ましかったかもしれない地域のつながりやご近所付き合いもコロナ禍でむしろ大切なことだと欲しているのかもしれません。誰が住んでいるのかわからなかったり、隣人が頻繁に入れ替わる都会のアパートよりも顔見知りが求められる時代になってきたのでしょうか。確かに!私も穏やかな実際のつながり欲しいです☺️

 

逃亡願望😮

 

一方私は市の中心部にある小さなアパート暮らし。3年前くらいまでは希望があって、この街も好きだったけれど、そこから徐々に降下していって今は私もどこかへ引っ越したくなってきました。(実際は夫の仕事の関係でここから動けないのですが。)降下した原因は友人やら身内が自分の本当に気に入った場所を見つけて引っ越してしまったこと、逆にリールなど北フランスに長く住んでいる人はリールに愛着がありとても好きだという事です。このどちらにもなれず宙ぶらりんの私、私もどちらかになりたいけれど後者にはなりきれず。そこにコロナが襲ってきて、2021年、私はさらに逃げ出したい気分に駆られるのですが、逃げた所でコロナはフランス中に蔓延、、日本に一時帰国も難しく現実的にも無理な状態です😅

 

立ち直って再出発😇

 

日々閉じこもった状態で気分が落ち込んでいるのかもしれません。何かが消滅してしまって、もう二度と取り戻せない感覚です。そうなった時に不思議と次の段階というか、新しい世界へ行きたいと思うようになるみたいです。こう思うのは私だけではないのではないでしょうか?失恋と似ている感覚です😮💔この新しく生まれた気持ちを大切に今後の生き方、暮らし方について考えてみるつもりです。これは私個人の事ですけど、すぐ自分はだめだって思う癖がついているんです、両親にダメダメ言われたからかもしれないんですけどこの思考回路やめたいです❗️自己肯定感の高い友人は自分の事をいつも励ましたり褒めていてすごい!と思います。見習ってネガティブ思考にさよならします☺️👋

 

支離滅裂になってしまいましたが、心が落ち着く場所、見つけていきましょう😃🧡