フランスでも私は私 🇫🇷🐹🇯🇵

北フランス生活10年目!メイク、ファッション、旅行大好き🧡

【衣】Amazon Japanで本を買う📙

ついに欲しい欲しいと思っていた本を購入❗️🎉 暮らしの手帖、初代編集長の花森安治さんの本『花森安治 選集 第1巻』です。日本円で税込3960円の本をフランス宛に配送、ユーロ支払いにするとこんな金額になりました。ちなみに日本円では5679円で、海外宛の送料込みとはいえ本にしてはなかなか高いお買い物です。フランスでは小売店を守ろう!という兆候もあり、私も世界的大企業のアマゾンで買うよりはフランスの会社や地元の本屋さんで買いたい、日本国内でもアマゾンより楽天派ですが、他のサイトに比べて配送料の安さや、注文が簡単、すでにアカウントを持っているなどの理由で今回はアマゾンで買いました。さらにユーロ支払いが選択できて、一体いくらで換算されるのかな?という曖昧さもなく明朗会計ですぐにVISAカードから引き落としされました。なんて早い❗️

その分、アマゾンの倉庫での仕事がかなり重労働、、、なんてルポタージュもテレビで観ましたが、、😅速さや安さの裏側にはいつも誰かが過酷な仕事をしているんですね、、。なんて、今回はアマゾン、改めてすごい、ワールドワイド(世界的規模)だ!と感心しました、これじゃ人気もあるわけですね、、あっぱれ🎌


商品の小計:EUR 28,45
配送料・手数料:EUR 15,50
注文合計:EUR 44,87
輸入税等前払金 :EUR 0,92
ご請求額:EUR 44,87

 

f:id:petitesouris:20210315052248j:imageエルメスのショーウィンドウ(2017)。以前通っていた夜のジムの帰り道、わざわざ回り道してエルメスの前を通り、ショーウインドにうっとりしていました。ちなみにお買い物をした事がないどころか、お店にも入った事がありません、いつか、おばあちゃんになるまえにスカーフが欲しいのでその時に、いざ!入店したいと思っています😚💗

 

『美しく着ることは、美しく暮すこと』

 

それで花森安治さんの記事を集めたこの本、第1巻は『美しく着ることは、美しく暮すこと』がテーマ。ついつい何か新しい物が欲しくなって買うけれど、買ったらまた何か欲しくなってしまうんです。そしてコロナ禍の今現在、身づくろいがちょっと面倒になりつつあり、、マニュキアも面倒、色合わせを考えるのも面倒で毎回同じ色、なんだかいまいちだけど誰にも会わないしまあいいか、なんて感じの毎日です😅本当はもっと楽しみたい、でもコロナでマスクだし何よりほとんど人に会わないし…なんてだらけた感じもどうかしたい。そうならないヒントが隠されているかも!この本は500ページもあって今の気分にぴったり。きれいなつくりの本だけれど大きな文字で隙間も多いような(行間をかなりとってあるような)きれいだけどすぐに読み終わってしまう本よりも、こうしてみっちり文がある、すぐ読み終わらないような本が好きです。日本に帰省したら買おうと思っていた『モンテクリスト伯』の文庫本(岩波文庫)もこれならアマゾンで注文できそうです🤓📚

 

発送メール通知も届きました。来週火曜日の到着予定です。楽しみ😙📙♬